<< Miss Saigon | TOP | Miss Saigon >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
エリザベート
 エリザベート

東宝ミュージカル

愛知 中日劇場
2008年8月3日(日)〜8月28日(木)

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 小池修一郎

キャスト
涼風真世 / 武田真治 / 鈴木綜馬 / 伊礼彼方 他



***



8月18日ソワレ

・涼風エリザ
剣心でした。涼風エリザはルドルフの死が悲しいというのもあるけど、それ以上に、ルドルフを死なせてしまった自分に対する後悔が大きいのかな。自分の生き方を否定された事に対するショックの大きさ、みたいなものを感じました。自分が可哀想、すごく可哀想!という印象。自己愛が強いのともまた違う気がします。フランツとルドルフに対する穏やかな拒絶も残酷で好きです。自分本位な生き方してそうで良かった。私の持ってたエリザベート像と重なる部分が多かったです。

・鈴木フランツ
顔芸にびっくりして腕つりました。石川フランツよりマザコン度が高い気がします。鈴木フランツは神経質そうな顔立ちが頑なな物言いに合っててドキドキしました。伊礼ルドと向き合うとお互いに顔芸の応酬で、親子っぽかったです。目に力があるというか、怖い目の人ですね。

・伊礼ルド
ミルクの最後、ちょっとやりきった顔してた。顎はもう少し引き気味にした方が良いと私はいつも思ってます。マイヤーリンクは今日も顔だけでした。『独立運動』後半の中腰から昇竜拳みたいな動きの連続、どうしようもなく面白いです。何でだろう。顎じゃないかな、と私は思ってるんですけど。何か顎が上がってる気がする。この日はやけにダンスが気になりました。カフェで新聞読むシーン、初日は足がもじもじして落ち着きの無い感じでしたが、大分どっしりしてました。今ぐらいの固さがちょうどいいです。

・武田トート
闇広の「王座に座るんだ」のところで般若みたいな顔してて笑うかと思いました。本当びっくりした、何だったんだアレ。相変わらずオケとの相性が悪い。武田トートは出したい(んだろうなぁ、と私が察している)声と実際に出てる声に隔たりがあるので、無理しないで欲しいです。最後のダンスのラストなんか特に、積極的に短く切り上げたほうが良いと思いました。「あのブーツは足首折れそうで怖い」というのが、母親と一致した見解。

高嶋兄に歌ミスがあったような。音響トラブルで地声でセリフ言ってるシーンもありました。デブレツィンの俵さんの歌声が綺麗。オケは管楽器のテンポがズレ気味だった印象。
posted by a.k.a. | 05:46 | elisabeth 08-09 | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 05:46 | - | - | - |
Search this site