<< マージナル 砂漠編 | TOP | エリザベート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
エリザベート
エリザベート

東宝ミュージカル

東京 帝国劇場
2008年11月3日(月)〜12月25日(木)

脚本・歌詞 ミヒャエル・クンツェ
音楽 シルヴェスター・リーヴァイ
演出・訳詞 小池修一郎

キャスト
涼風真世 / 山口祐一郎 / 石川禅 / 伊礼彼方 / 寿ひずる 他



***



11月4日ソワレ

下手側前方だったので、幕が開く前にTDと談笑しながら棺桶に収まる村井さんが見えました。棺桶に入っていく姿すらかっこいい。何だもう梅酒うううう。

・涼風エリザ
少女時代に顎を引いて物凄く上目遣いで相手を見つめるシーンが何箇所かあって、うーん…という感じでした。『私だけに』の髪持ち上げは、持ち上げる量が減って少しは自然になったかも。まだ意味はわからないですけど。歌が安心して聴けるってゆうのは素晴らしいことだと思います。吊り輪の位置が中日より高いような。あれ絶対届かない、と思いました。

・石川フランツ
結婚式で捌ける時にくるくる回るところで「コロコロ~」と音をつけたくなるような動きでした。執務室すごく目がパッチリしてる。両フランツは完成されすぎてて、メイクぐらいしか突っ込むところがないです。そうでなくとも石川さんのメイクには突っ込みたくなる。

・伊礼ルド
全体的に抑えた芝居をしていたのが印象的でした。中日では「死にたくない」っていうのを見ていて凄く感じたし、表情や動きもギリギリまで死に抗っていたのだけれど。この日はマイヤーリンクでTDs扮するマリーに振り回されながら、諦めたような笑顔を浮かべていました。嬉しそうな顔にも見えたし、何も考えたくないようにも見えた。死に魅入られたルドルフってゆうのは演技プランの変更なのかな。独立運動後半から、ひたすら死に向かっているルドルフになってました。最後まで抵抗したのにどうしようもない力に突き動かされて死んでしまうルドルフの物悲しさって新鮮だったのになぁ。
posted by a.k.a. | 13:52 | elisabeth 08-09 | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 13:52 | - | - | - |
Search this site